白と緑のスニーカー

日々のこと、旅行、手作り、映画、読書。

食堂かたつむり

食堂かたつむり / 小川糸

f:id:shirotomidori:20180209125847j:image

 

また、そこにあった文庫本を拝借して読みました。

 

大学の時に映画みたな〜。内容詳しく覚えてなかったけど、不思議な雰囲気だったのは覚えてる。

倫子が熊さんと作っていく”食堂かたつむり”や、さまざまな食材を使って作る料理。
確かにこれは映像としてみたらかわいいだろうな〜と思うところがたくさんあった。

 

ちょっとファンタジーぽい文章なんだけど、ときどき棘のような言葉がいきなりでてきたりする。

 

恋人に捨てられて田舎に泣く泣く戻ってきたわりには、ちょうどよく空いてる家があり、手伝ってくれる人もいて、嫌っているおかんもお金を貸してくれ、着々といい感じの店ができてお客も来る。

そんなにうまくいくなら都会で充分やっていけるだろ。と思った(笑)

 

 

 

 

次は何を読もうかな?

絶対泣かない

絶対泣かない / 山本文緒

f:id:shirotomidori:20180207092223j:image

 

読みたいと思って選んだわけじゃなく、そこに本があったからちょいと拝借して読んだんだけど、、

おもしろかった!!

山本文緒さん。

わたしが好きなタイプの文章だ〜。

 

10〜15ページのすごく短いストーリーが15個。

それぞれがいろんな職種に就いて働いている女性が主人公。

職業だけじゃなく、エピソードもそれぞれ個性的で、話の終わり方も前向きになって終わったり、そのままモヤモヤしつつ終わったり、色々あっておもしろい。

 

山本文緒さん、もっと読んでみよ。

武士道エイティーン

武士道エイティーン / 誉田哲也

f:id:shirotomidori:20180205162753j:image

 

シックスティーン、セブンティーンに続くシリーズ3作目。

物語の軸になっていた、香織と早苗の絆はもうまとまりきっていて、ほぼ進展なし(笑)

香織と早苗は、単なる友達というのともライバルというのともなんとなく違う関係性で、その点セブンティーンから出てきた黒岩は香織には完全にライバル、早苗にとっては友達って感じ。

2人だけじゃ描ききれなかった(のかわからないけど)ところが黒岩で補われてた。

 

エイティーンは、本編の合間合間に脇役が語り部になったサイドストーリーが4編入っている。

それが、初めは物語があっちゃこっちゃいってまとまりない感じがしたんだけど、ひとつひとつ読んでみると入り込んでしまう内容になっていて驚かされる!

逆に、本編より深いんじゃないか…?!

 

 

次作もあるけど、文庫本がまだ出てないのでこのシリーズは休憩に入りまーす

彩果の宝石

昨日は恵方巻食べたー!

量が多くて、ウップ!ってなったけど、頑張って食べたから願い事叶うかな?

 

人生、自分の努力や意思だけではどうにもならないことがあるのよねえ。

そんな時はこういうのに頼るしかない(笑)

 

 

 

そして最近お腹と背中に

おびただしいほどの湿疹が、、!!

1回治ったけどまた復活してしまった。

自分で見ても痛々しい(><)

 

原因は不明、、、(・∀・)

病院ではストレスだと!!!

 

精神的なものと体の変化の関係性って、どーも信じられないんだなー。

(仕事してた時の方が何百倍もストレス感じてたはずだし!!…ボソボソ。)

 

 

 

やっぱり癒しが必要だね!

韓国で出会った日本人のお友達のブログ見て、子どもたちの相変わらずの可愛さに癒されました。

でも、あ〜また気軽に会っておしゃべりしたり子どもたちと遊びたい〜。でもできない〜。って思って切なくなって終わり(笑)

 

あぁ、D氏と美味しいかき氷屋さんに行きたいなー。

 

そんなときにこれ!

義弟のGっちゃんが彩果の宝石くれた

f:id:shirotomidori:20180204101932j:image

こんな可愛いものくれるなんてね!

姉は泣けてきた。

1日1個食べて癒されよ(^O^)

九州日記◎朝ごはんと小鹿田焼

チュソクの九州旅行最終日。

 

温泉でのあさごはん。

f:id:shirotomidori:20180128103905j:image

 f:id:shirotomidori:20180128104047j:image 

飲み物多い気がするw

とは思ったけど、これまた美味しかった。

 

食べ終わって超特急で博多港へ!

間に合った〜。

でもこの日フェリーに乗ったのはDさんのみ。

予約する時、ちょっと勘違いがあってこの日1人しか予約できなかったのだ。

でも次の日からDさんは仕事だったため、わたしは翌日1人フェリーすることに。

 

Dさんを博多港へ送り届け、わたしはある場所に向かいました^o^

 

f:id:shirotomidori:20180128104541j:image

小鹿田焼の里。

f:id:shirotomidori:20180128114536j:image

 

カーナビで行ったんだけどね…

え、こんな細い山道でいいのかな?ってところを通って行きました。

対向車が来てたら終わってました。

 

さらに豪雨の被害でたくさんの流木が積まれていたりもしました。

 

小鹿田焼の里は、何軒かの窯元が集まってできている小さな集落。

川の水の力を使って、焼き物に使う土を砕く風景にも癒された。

f:id:shirotomidori:20180128114833j:image

 

庭には、ずらっと!

f:id:shirotomidori:20180128114653j:image

 

のぼり窯。

f:id:shirotomidori:20180128115133j:image

f:id:shirotomidori:20180128115326j:image

 

予想以上に小さな村でとても静か。

小袋窯さんなどで何点かお買い上げ♪

f:id:shirotomidori:20180128115222j:image

どんなのを買ったかは、いつか載せまーす。

 

 

そしてまた福岡に戻り、レンタカーを返してホテルに一泊。

せっかく福岡にいたけど、もう疲れて何もする気が起きなかった。

韓国に持って帰るためのポン酢やめんつゆ、油揚げなどを買いにスーパーに行って、夜ごはんもスーパーのお惣菜で終了。

 

翌日朝早く、タクシーで博多港へ!

運ちゃんが間違えて違うところに連れて行かれそうになったけど、ちょっとオマケしてくれた(^^)v

 

フェリーで釜山へ。

フェリー。もう乗りたくない(爆)

夫婦で同意見。

行きのフェリーに乗る前は、下関とかもあるんだね〜次はフェリーで下関か対馬かな〜?なんて言っていたけど、やっぱりやめておきます。

やっぱり飛行機がいいな♪

 

フェリー乗り場から無料バスで釜山駅まで行って、釜山駅も初めてだったけど、電車と地下鉄乗り換えて、高速バス乗って、島のバス乗って家までたどり着いた。

もう韓国大丈夫だ!

強くなったもんだ!

 

 

今回も朝から晩までみっちり詰め込み型旅行で疲れたけど楽しい旅行になりました(^^)

 

あ、そういえば、ひとつ行きたかったけど行けなかった場所があります。

その名も〝小松地獄〟

親近感の湧くような、怖ろしいような…

たまごを持って行って、自分で温泉たまごも作れるらしくて、行きたかったな(笑)

 

 

2017年は韓国からいろんなところへ旅行に行けて楽しかった♪

Dさんとやっている47都道府県制覇への道は九州を制覇し、20/47達成。

(住むか宿泊&観光をするというルールあり。通過はだめー)

次は四国か北海道を狙っております。

 

 

END

武士道セブンティーン

武士道セブンティーン / 誉田哲也

 

f:id:shirotomidori:20180127160412j:image

 

武士道シックスティーンの続編。

高校2年生になった香織と早苗のその後。

早苗は福岡の強豪校に転校。でもそこの〝スポーツとしての剣道〟のようなものに馴染めずに悩む。

前作で主に悩んでいたのは香織だったけど、今作は早苗。早苗と出会って変わった香織はすごくのびのびと部のみんなとも仲良く充実。

そしてこのシリーズで初めて悪役(?)が登場する!

 

前半は香織と早苗の絡みがまったくないんだけど、新しいキャラクターがでてきて楽しめた。

ただ仲のいい2人が離ればなれになって寂しいんじゃなくて、剣道を通してお互いを思い合っているのが、前作があったからこそのストーリーで面白かった。

離れていても同じテーマ〝武士道とは何か?〟について考え、それぞれの経験の中で学んでいく姿が、ルールだけじゃない剣道を描く物語ならでは!

再会した早苗に対して、ずっと名字で呼んでたのにサラッと「早苗」って呼んでる香織がかわいい。

九州日記◎鍋ヶ滝と宿のご飯

ずっと放置してた九州旅行記…

あとちょっとだから書こー。

 

 

この旅の中でも行きたいなーと思っていて、そして期待を裏切らず、想像以上に良かった所!

鍋ヶ滝。 

f:id:shirotomidori:20171128083952j:image

 

休日だったからか、近くの小学校?が駐車場になっていて、そこからマイクロバスで移動。

道が細いし、鍋ヶ滝自体の駐車場も少ない?ので、ありがたいシステム!

バスに乗ったらすぐ着く。

 

 

正面からみるのも良いけど、

ここは、横からも後ろからも見られるのだ!

 

横から!!

f:id:shirotomidori:20171128084512j:image

 

わかりづらいけど後ろから! 

f:id:shirotomidori:20180125132557j:image

 

こんなに滝をいろんな角度から見たのは初めて!

f:id:shirotomidori:20180125133129j:image

 

f:id:shirotomidori:20180125132531j:image

D氏は仕事で忙しかったため、泊まるところと高千穂峡以外の行く場所はほぼわたしが決めたけど、D氏も鍋ヶ滝は良かったな〜って言っていた。

 

※注意※

汚れてもいい靴&歩きやすい服装で行きましょう

 

 

そして最後の宿は温泉(^ω^)

わいた温泉の、わいた山荘に泊まりました。

 

なんじゃこら饅頭買った時に予備(笑)で買っておいたお菓子で休憩。

運転疲れたよー

f:id:shirotomidori:20180125141451j:image

 

 

温泉は確か6種類くらいあって全部貸切で空いてれば自由に入れるシステム。

夕方から夜、朝も覗いて5種類入ったけど、ひとつだけずっと『入浴中』の札が立てかけてあって、制覇はできなかった。

写真はないけど、とても良かった^o^

 

 

そして、宿の夜ごはん!

食前酒からはじまり、、、f:id:shirotomidori:20180125143914j:image

 

次々に運ばれてくる創作料理の数々

f:id:shirotomidori:20180125141841j:image

お料理は、スープなどは1人分づつくるけど、それ以外はふたりにそれぞれ違うものがくるから、好きな方を選んでそれぞれ食べても良いし、分け合って食べてもいいっていう方式!

我々は全部分け合って、いろんなのを食べました(^ω^)

 

おいしすぎる!

f:id:shirotomidori:20180125144151j:image

 

うまー(ふたつの意味で)

f:id:shirotomidori:20180125142358j:image

 

なんでこんなに美味しくてオシャレなの

f:id:shirotomidori:20180125142541j:image

 

すき焼きとしゃぶしゃぶ

f:id:shirotomidori:20180125144034j:image

 

お腹いっぱいになってきた、、 

f:id:shirotomidori:20180125142309j:image

 

もう無理だーと思ったところできたのがこの方。

f:id:shirotomidori:20180125142906j:image

ん??

f:id:shirotomidori:20180125142931j:image

これふたりで食うの?(笑)

 

ほぐしてもらった。

f:id:shirotomidori:20180125143037j:image

苦しすぎる。

あかうし丼食べられなくて、お昼ごはん抜きだったはずだけど苦しすぎる。

 

ごはんはもう食べられなかったので、おにぎりにしてもらって持ち帰り〜

f:id:shirotomidori:20180125144436j:image

韓国人の同僚にフードファイターと呼ばれるD氏の胃を以ってしても食べられない量であった。

 

デザートは食べるー

f:id:shirotomidori:20180125144510j:image

 

はぁーーー

お腹いっぱいすぎて、食後は温泉入れませんでした。

 

5日目終了〜。