白と緑のスニーカー

日々のこと、旅行、手作り、映画、読書。

お花見

鹽竈神社に桜を観に行きました。

 

f:id:shirotomidori:20180421225817j:image

 

鹽竈神社の鹽竈桜って国の天然記念物に指定されているんだって。

 

f:id:shirotomidori:20180421230115j:image

花びらの密度がすごい!

 

f:id:shirotomidori:20180421230303j:image

ピンクの薄いところもちょっと濃いところもあったりしてキレイでした。

 

f:id:shirotomidori:20180421230559j:image

 

f:id:shirotomidori:20180421230626j:image

 

こちらは枝垂桜。

f:id:shirotomidori:20180421230402j:image

 

 

 

そのあとオススメのカフェであんみつ。

f:id:shirotomidori:20180421230728j:image

庭の桜が見える席で美味しいものを食べて癒されました。

 

 

神社行く前も広々した公園で座っておにぎり食べてノホホン。

天気も良くて気持ちのいい1日〜

おみくじにも良いことが書いてあったし。

がんばりましょう。

もうすぐ

もうすぐ / 橋本紡

 

f:id:shirotomidori:20180419212844j:image

 

 

結構長めだけど、読みやすい文章で、さらっと読めた。

けど、内容は、、、

表紙やタイトルとは真逆!

 

最近思うことは、その人にしかその人の気持ちはわからないってこと。(そりゃそうだ!)

この本を読んで、思うことはたくさんあった。自分の気持ちと比べてみるところもたくさんあったし、自分にはわからない気持ちもあったと思う〜

それにしても、気付くのが遅すぎる人が多すぎるんじゃないか、、、

それぞれの立場や現状もあるし、その現状も変化するし、話題に出すのはなかなか難しかったりするから、こういう本を読んで自分の事として自覚を持っていかないと厳しい。この本の内容がすべて正しくて肯定できるわけじゃないけども。

 

それと途中からいきなり良人って人が出てきて、夫婦と一緒に暮らしてる?よくわからない、、、

って思ったら『良人』って『夫』って意味があるんだねー。

勉強になりました、、、

 

主人公が、友人の出産のことや赤ちゃんの父親のことを関係ない人にしゃべったり、ともだちに勝手にバラしたりして、え( ˙-˙ )ってなった。

キティちゃん?

今日、気づいたら顔がすごいカサカサしていた(・Д・)

おくちまわりが特にひどいことに、、

 

なので久しぶりにこれをやったよ。

f:id:shirotomidori:20180418232147j:image

韓国で大量に買ってきてたシートマスク。

SKINFOODのストロベリー!

今使ってるBBクリームもSKINFOOD。

 

開けた瞬間いちごの香り( ̄▽ ̄)

最近いちごづくしだー!

(いちご狩りのあと、いちごアイスといちご生どら食べた。おみやげでいちごバームクーヘンも買って食った。)

 

毎日続けよう〜

 

 

 

 

そして、現在実家に居候中なので和室に寝泊まりしているのですが、電気のヒモを長くしたいと言ったら、父がこんな可愛いのをつけてくれました。

f:id:shirotomidori:20180418232710j:image

どっから持ってきたんだ?!

しかも暗闇で光ります。

ヒモの長さも伸び縮みするし。

 

わーい。

 

おやすみ。

いちご狩り

いちご狩りに行ってきました。

28歳になって、父と母と3人でいちご狩りに行くとは思いませんでした。

(タダ券が3枚あったため)

 

f:id:shirotomidori:20180416142049j:image

 

f:id:shirotomidori:20180416142105j:image

 

f:id:shirotomidori:20180416142120j:image

 

f:id:shirotomidori:20180416142130j:image

 

f:id:shirotomidori:20180416142143j:image

 

 

いまどきのいちご狩りは、腰高のところに栽培されてて、いちごが採りやすい!

 

、、、、、なんてことはありませんでした。

 

葉が生い茂っていると、通路の幅が狭くて、かきわけて進む感じ!

そして立っている状態で見つけられるいちごはだいたいがカビている!

 

大きくて、赤くて、美味しいいちごを食べるためには、しゃがんで進まなければならないのだ!!

 

いちごが植わっている発泡スチロールみたいなのの下をくぐるのは、結構大変な体勢を続けなければならなーい。

 

制限時間は30分だったけど、体勢はキツイし、ビニールハウスの中は暑いし、いちごは飽きるし(笑)、腐ったいちごをかきわけて進んだためコートにいちごの汁がついて、20分くらいでリタイア〜

 

それでもじゅうぶん、いちご狩りを満喫することができましたー。

 

 

 

さいごに

いちご狩りに行く時の注意点。

・いちごの汁がついてもわかりにくい黒っぽい服装で行くこと。

・上着を脱げる服装で行くこと。

・下はズボン!動きやすい服装で行くこと。

・ロングコートなども避けること。

・ぱっと見、美味しそうないちごでも、裏っかえすとカビている事があるのでしっかり見る。

・小さい子どもはしゃがまずにうろちょろできるので迷子になりやすい。

・練乳を服にたらすとカピカピの白いのになって目立つ。

 

おわり。

秋保

引きこもり生活から少しづつ変化して、最近おでかけしました。

 

近場すぎるけど秋保に行きました。

何気に初の磊々峡(らいらいきょう)

 

f:id:shirotomidori:20180412103558j:image

f:id:shirotomidori:20180412103634j:image

f:id:shirotomidori:20180412103646j:image

 

お昼は、お義父さんとお義母さんが言ってた、いつも混んでて予約しないと入れない美味しいピザ屋さんに予約しないで行ってみた。

平日だったから(?)普通に入れた(・∀・)

f:id:shirotomidori:20180412103930j:image

f:id:shirotomidori:20180412105550j:image

たしかに美味しい!

f:id:shirotomidori:20180412105623j:image

天気も良くて、カフェもおしゃれな雰囲気でまったりしました。

 

 

 

そして、きよ水に泊まって温泉入って、のんびり癒されました。

(毎日のんびりしてるくせに)

 

ごはん前に、空いてたら入って良い個別のお風呂に入りぽわーん。

 

よるごはん

f:id:shirotomidori:20180412010549j:image

 

f:id:shirotomidori:20180412011650j:image

 

このうつわ、かわいいなぁー

f:id:shirotomidori:20180412011149j:image

 

f:id:shirotomidori:20180412012217j:image

梅餡のかかった茶碗蒸しおいしかった!

 

お魚と山菜のてんぷらとお食事でシメ〜

f:id:shirotomidori:20180412011225j:image

 

デザート

f:id:shirotomidori:20180412011740j:image

 

 

夜は別館の大浴場&露天風呂も気持ちよかった〜

わたしが入ったとき、ちょうど人がいなくなって、貸切状態で満喫。

露天風呂は洞窟みたいなのもあっておもしろいですよー

 

翌朝は本館の大浴場&露天風呂。

その時もちょうど人がいなくて貸切〜

平日の温泉宿ばんざい!

 

 

美味しい朝食!

f:id:shirotomidori:20180412010400j:image

わたしもこんなカゴみたいなのに盛り付けて出してみたい。

量もちょうどいい。朝からバイキングより、かわいい和食が嬉しいお年頃。

和食って最高。

最強だ!

もう、家の周りが韓国料理屋ばかりな毎日には戻れないと痛感…

きりこについて

きりこについて / 西加奈子

 

f:id:shirotomidori:20180412015107j:image

 

芸能人がよくオススメしていて絶賛している「サラバ!」を読むために西加奈子さんをたまに読んで練習しているのだが、、、

やっぱり独特だし、好きなタイプではない、、、

西さんは、ストーリーというよりも、主人公についての説明って感じ?

そして内面の変化で物語が終わることが多い気がする。

好きな人は好きだろうな。

泳ぐのに、安全でも適切でもありません

泳ぐのに、安全でも適切でもありません / 江國香織

 

f:id:shirotomidori:20180318232544j:image

 

久しぶりの江國香織さん。

さまざまな女の人の目線で書かれた短編集。

江國香織さんの物語に出てくる女の人は、静かに奔放に生きてるイメージ。

どの人のことも理解しがたいけど、ここまで自由に思うままに流されつつ生きたら、果たして楽なのか楽しいのか辛いのか、、、

こういう本ばかりだと絶対飽きるけど、たまに読むのはいいね。

〝It’s not safe or suitable for swim.

泳ぐのに、安全でも適切でもありません。

私たちみんなの人生に、立てておいてほしい看板ではないか。〟

ふむ。なるほどね。